「うつ」と共に生きるナースマン🌸はなまるの『健康で幸せに生きる方法🌈』心と身体の健康を一緒に保ちませんか☺✨

うつ(双極性障害2型)で苦しみ、精神科での勤務経験もある30代の男性看護師です。双極性障害の当事者団体でも活動しています。病気をしっかりコントロールして心も身体も健康に保ち、幸せになるためにはどう生きたら良いかを考え続けています。実際にやってみて効果があったこと、今考えていること、学んでいること、BOOKレビューなどを紹介していこうと思います。ようやくできました…ダンコたる決意ってのが👍

うつと仕事

職場にカミングアウトした方が良いか、しない方が良いか。

先日Twitterに下記の内容の投稿をし、多くの方から反響を頂いた。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 病気を隠して入職して2ヶ月目に、いたたまれなくなった私は、双極性障害だと上司に打ち明けた。 親切で優し…

私はなぜ復職せずに転職を繰り返したのだろう?というお話。

私がうつで休職後、復職したことがありません。長期の休職後、私は転職するという決断を繰り返しました。私がなぜ復職せずに転職を繰り返したのか理由をお話します。そして最後に、私の反省点とどうすれば良かったのかを検証したいと思います。ご存じの通り…

「本当の私」を隠しながら生きていくということ。

現在の職場の面接の時に、自分が「双極性障害を持つ看護師」であることを、初めてカミングアウトして入職し働いていることは以前お話しました。カミングアウトして働いている現在までは、自分の病気のことを隠しながら看護師として勤務していました。また、…

「新しい生活様式」という言葉に反応してしまう私。

新型コロナウイルス感染拡大予防のため「新しい生活様式」という言葉を聞くことが増えました。「新しい生活様式」の中でテレワークやオンライン会議などの「働き方の新しいスタイル」も提唱されています。私は「新しい生活様式」という言葉を聞いて考えてし…

朝ごはん。

朝ごはんを食べることが大切だということを語りたいと思います。以前の私は、朝ごはんをまともに食べていませんでした。朝は、ブラックコーヒーを飲むだけで、会社に行くことも度々ありました。子どもの頃はしっかり朝ごはんを食べていたのを記憶しています…

職場にカミングアウトすることのメリット。

ここ数日調子が悪く、3日間お休みを頂いており、今日から出勤しました。休んでいる期間中も毎日職場の上司と電話で話をしました。 私は、今までの職場で長期の病休に入る前、とても無理をしながら仕事を続けていました。私が調子が悪そうなのに気付いて、「…

オレの決意。

昨日、今日で友人、親族たちと私の進みたい道について話をしました。自分の進みたい道、進むべき道は自分の中ではほぼ決まっているのですが、親しい人達にその話をして、また話を聞きながら、自分の決意を固めていくことができたように思います。みんなが、…

予防的なお休み。

手先に力が入らない、少ししびれたような感覚の一日が始まりました。頭は少しボーッとしており、動いてくれている部分が脳の60~70%程度の感覚。ある事が頭から離れず、体調を整えるために昨夜は21時40分頃布団に入って、早めに寝ようと思ったので…

午前中のボーッとした脳との付き合い方。

昨日疲れていたので、日中昼寝をし過ぎてしまいました。前日昼寝をし過ぎると、翌日頭がボーッとすると昨日お話しましたが、やはり、今日は午前中から頭がボーッとしていました。しかし、これは想定内なのです。昼寝をすると疲れは取れるが、翌日頭がボーッ…

ネットビジネスのメリット。

インターネットを使った仕事の普及が、組織で働くことが困難な人にとってどのようなメリットがあるか考えてみたい。会社で働き、長時間労働やパワハラ、過酷な労働条件で働き病気になる人は多い。また、人と足並みをそろえながら働くことが苦手な人もいる。…

昨日の補足。

昨日の記事に書き忘れたことがあります。 それは、組織の中で働くしか他に生きる道がないと思って組織で働くのと、組織で働くこと以外にも自分の生きる道があると思って組織で働くのでは、同じように組織で働くにしてもストレス度が全く違うことに気付いたこ…

ネットの世界に生きる希望を。

組織の中で他者と一緒に働くこと。多くの人がそうしていると思う。そんな私も、何度も転職を繰り返したが、今でもなんとか会社勤めをしている。しかし、多くの人がしているだろう「組織で働くということ」が、なんらかの理由できなくなった人、また、それが…

組織で働くことが苦手な私であっても・・・。

4月30日の夕方から少し喉が痛く、体もだるい状態でした。熱は36度台でしたが、なんとなくこれから微熱が出そうだなという感じで仕事を終えました。夜間も熱はありませんでしたが、明け方になっても症状が取れませんでした。熱もないので、いつもなら少し無…

自分の長所を最大限生かした新しい生き方。

自分が苦しくならないような他者との距離を保ちつつ社会貢献していきたいと思っている。現在は組織で働いているので、非常に密なコミュニケーションが求められるし、他者との距離がとても近い状態である。しかし、今は組織で働くことはできているし、同僚と…

今考えていること。

人との距離について考えてみると、一般的な会社勤めであれば、とても密な人間関係の中で働かなければならないことが多いと思います。実際に私もそうでした。しかし、他者との密な人間関係で悩むことが多く、イライラしたり、傷つけたり傷つけられたり、理不…

夜勤は寿命を縮めるというお話。

夜勤がある方は、夜の仕事に備えて日中寝てから仕事に行くという方も多いと思います。私も以前はそうでした。3交替の仕事をしていたので、17時頃まで働いて、仮眠をとって、24時頃また会社に行くというような勤務もありました。私が時差ボケ状態に弱いこと…

不規則な生活は、生活の質を下げるというお話。

不規則な生活は、生活の質を下げるということについてお話をしたいと思います。私は職業柄、夜勤をする必要があり、不規則な生活を送っていました。3交替の勤務の時は、8時から17時までの勤務をして、一旦家に帰り仮眠を取り、また0時から9時まで働くという…