「うつ」と共に生きるナースマン🌸はなまるの『健康で幸せに生きる方法🌈』心と身体の健康を一緒に保ちませんか☺✨

うつ(双極性障害2型)で苦しみ、精神科での勤務経験もある30代の男性看護師です。双極性障害の当事者団体でも活動しています。病気をしっかりコントロールして心も身体も健康に保ち、幸せになるためにはどう生きたら良いかを考え続けています。実際にやってみて効果があったこと、今考えていること、学んでいること、BOOKレビューなどを紹介していこうと思います。ようやくできました…ダンコたる決意ってのが👍

病気を知ることの大切さ

「軽躁」を見極めること、というお話。

先日Twitterに次のように投稿した。「軽躁の見極めは本当に難しい。しかし、適切に軽躁を見極めることが双極性障害のコントロールには非常に重要だ。軽躁を見極めるためには、まずは病気の受け入れ、そして病識、自分の軽躁時の言動の傾向を知り、睡眠状況や…

双極性障害の素晴らしい能力について、というお話。

双極性障害の人は一般的に、人に共感する能力が高く、人の気持ちを察することが得意であり、また社交性があるという話を聞いたことがある。この話を聞いた時に、違和感なく私も同じだと感じた。子どもの頃から私はそういう性格だと思って生きて来た。とにか…

「うつ」になるのは恥ずかしいことではない、というお話。

今日はうつになることは決して恥ずかしいことではない、ということを語ってみようと思います。私は双極性障害Ⅱ型という持病を持っていますが、躁状態よりもうつ状態で苦しむことが多かったように思います。うつになってしまうと、なぜ今までできていたことが…

看護師はなまるが「新型コロナウイルス」について解説。

私、看護師はなまるが「新型コロナウイルス」についてお話したいと思います。今回のコロナウイルスは、史上初のインフルエンザ以外のパンデミック(感染爆発)となったウイルスです。1918~1920年のスペイン風邪、1957年のアジア風邪、1968年の香港風邪、197…

脳全体の表面辺りに感じるチリチリした感覚は「休め」のサイン。

今の自分の脳の状態が、良い状態なのか、少し休息が必要な状態なのかを見極める感覚として、「脳全体の表面辺りに感じるチリチリ」した感覚があります。他の方とは感じる感覚や表現の仕方は違うかもしれませんが、私の場合は、睡眠の深さの変化と同じくらい…

みんな病気になる可能性がある、というお話。

2大精神病には、双極性障害、統合失調症が挙げられます。いずれも100人に1人が発症すると言われています。しかし、それは、しっかりと診断がついた人。しかし、グレーゾーンの方もおられますし、まだ診断がついていない方もおられるので、実際には100人に1…

「うつ状態は脳の骨折」というお話。

「うつ」となることは、とても分かりにくいこと。目に見えないので、自分でも気づかないこともあるでしょうし、他者にも分かりにくいでしょう。腕や足を骨折すれば、三角巾やギブスをしたりすることが多いと思いますが、目に見えて怪我をしていることが分か…

私のうつの症状について。

今日はうつ状態だったときの私の症状についてお伝えしたいと思います。まずは、心の中で苦手意識を持っている人との関係をすごく意識するようになること。心にエネルギーがあるときは、苦手意識を持っている人との関係もバランスがとれたり、割り切った関係…

私の病気は『双極性障害』です。

少し私の病気についてご説明します。簡単に言うと、体調をしっかり管理しないとすぐにうつ状態になってしまう、というものです。無理をし過ぎてしまうと、その反動が来てうつ状態になってしまいます。病名は「双極性障害」です。昔で言うところの、「躁(そ…