「うつ」と共に生きるナースマン🌸はなまるの『健康で幸せに生きる方法🌈』心と身体の健康を一緒に保ちませんか☺✨

うつ(双極性障害2型)で苦しみ、精神科での勤務経験もある30代の男性看護師です。双極性障害の当事者団体でも活動しています。病気をしっかりコントロールして心も身体も健康に保ち、幸せになるためにはどう生きたら良いかを考え続けています。実際にやってみて効果があったこと、今考えていること、学んでいること、BOOKレビューなどを紹介していこうと思います。ようやくできました…ダンコたる決意ってのが👍

夜勤は寿命を縮めるというお話。

f:id:hanamaru00kun:20200727082542p:plain


夜勤がある方は、夜の仕事に備えて日中寝てから仕事に行くという方も多いと思います。私も以前はそうでした。3交替の仕事をしていたので、17時頃まで働いて、仮眠をとって、24時頃また会社に行くというような勤務もありました。

私が時差ボケ状態に弱いことは以前お伝えしましたが、不規則な生活はやはり疲れが取れず、慢性疲労のような状態となります。睡眠のリズムが崩れてしまうので、寝ていても脳がまだ活動しているというかとにかく睡眠の質が低下してしまうのです。そして、脳の疲れはとれないままの状態が続き、疲れがピークにくるとうつ状態となり、休職というパターンを繰り返していました。

不規則な勤務で生活リズムがくるっても元気な方も多くおられますが、夜勤をすると寿命が縮むと言われています。それは、私のように時差ボケに弱い人だけでなく、不規則な生活を繰り返していて一見元気そうに見える人も同じです。人によって程度は違うかもしれませんが、夜勤をすると寿命が縮むのは全ての人に言えることなのです。脳卒中心筋梗塞などのリスクは高まり、やはり私のようなうつ状態などの精神疾患を発症するリスクも高まります。

夜勤をすると健康に悪く、若いうちはいいけれど、年を取った時に色々と身体の問題が出てくるだろうということも知っていましたが、夜勤業務を当たり前にしている時は、私自身あまり健康について考えていませんでした。私は看護師なので、患者さんの健康についてはしっかりと考えてきましたが、私自身の健康に関してはほとんど無関心と言ってよい状態だったのです。

昔は日中働いて夜寝るのが当たり前だったと思いますが、現代はそうではない。24時間動き続けている。夜間もトラックの運転手さんが頑張って荷物を運んでくださっている。コンビニが24時間営業しているから、私たちはいつでも買い物ができる。私のような看護師が病院で勤務しているから患者さんは安心して入院生活ができる。今の社会は夜勤をして下さる方がおられなければ、私たちの生活は成り立たないのです。

だから絶対に夜勤業務はなくならないし、これからも必要なもの。

これだけ言っておいて、こんなことは言いたくないのですが、やはり夜勤は体への悪い影響を及ぼすのです。夜勤手当がついて給料明細を見たときは嬉しいですし、今元気だから問題ないと思っていても、長い目でみたときに体を壊すリスクは高くなり、寿命が縮む可能性があります。怖いことばかり言って申し訳ありませんが、事実をお伝えしています。