「うつ」と共に生きるナースマン💮はなまるの『健康で幸せに生きる方法🌈』心と身体の健康を一緒に保ちませんか☺✨

うつ(双極性障害2型)で苦しみ、精神科での勤務経験もある30代の男性看護師です。双極性障害の当事者団体でも活動しています。病気をしっかりコントロールして心も身体も健康に保ち、幸せになるためにはどう生きたら良いかを考え続けています。実際にやってみて効果があったこと、今考えていること、学んでいること、BOOKレビューなどを紹介していこうと思います♪

人間関係にエネルギーを使い過ぎている私。

f:id:hanamaru00kun:20200727090133p:plain


一生懸命生きてもなぜかうまく生きれない。ずっとそんな風に感じてきた。

他の人に負けないくらい頑張っても、鬱になって仕事を続けることができなった。

なぜ自分はそうなるのか。それは、たぶん、他者との関係、人間関係に過剰にエネルギーを使ってしまうから。組織の一員として働く場合、同僚や上司との人間関係は必ず発生する。会社の人に何か頼み事をしなければならない時、足並みを揃えることや、空気を読むこと、その日の同僚の機嫌の良し悪しなど様々なことを必要以上に考えてしまう私。「嫌われる勇気」とい本の中で、哲人は青年に対し、アドラー心理学における人間の悩みの本質的な問題は、「対人関係の悩み」なのだということを語る。

最近よく耳にするようになったのが「HSP(ハイパーセンシティブパーソン)」という言葉。要するに、「非常に敏感気質な人」を意味する。まさに私である。

HSP気質の人は、様々なことに対し非常に敏感で、感受性が豊かなので、人間関係におけて、例えば空気を読んだりする能力が高い。また他の人が気が付かないような問題に気づき、それを声に出すと、「それは考え過ぎ」などと片付けられてしまうこともある。

様々なことに敏感で、感受性が高いということは、他の人では気づかないようなことに気づくことなど良い面もある。他の人ができないような細かな配慮や声掛け。場の空気も読み過ぎる程しっかり読める。他の人が気づかないような問題に気づいたりなど。

しかし、他の人がさらっと済ませてしまう内容の仕事が、私にとってはなぜそうなのか、本当にこれで合っているのか、もっと深く考える必要があるのではないかなどと考えてしまう。他の人があっと言う間に処理してしまうことが私にはとても時間とエネルギーがかかってしまうのだ。とても疲れてしまうというデメリットもある。

私は仕事柄、組織内の人間関係が非常に密である。人間関係にエネルギーを使い過ぎて、何度も鬱になった。にも関わらず、夜勤こそするのを辞めたが、未だにそのような仕事を続けている。HSP気質の私にとって、本来最も避けなればならない仕事に従事し続けているのである。

人間のエネルギーは無限ではなく有限。無駄にエネルギーを使うことは本当にもったいないことだと思うようになった。自分の持っているエネルギーを本当に自分のしたいこと、すべきことに使うことが大切なんだと思う。

今、生き方の変更をするための準備中である。