「うつ」と共に生きるナースマン🌸はなまるの『健康で幸せに生きる方法🌈』心と身体の健康を一緒に保ちませんか☺✨

うつ(双極性障害2型)で苦しみ、精神科での勤務経験もある30代の男性看護師です。双極性障害の当事者団体でも活動しています。病気をしっかりコントロールして心も身体も健康に保ち、幸せになるためにはどう生きたら良いかを考え続けています。実際にやってみて効果があったこと、今考えていること、学んでいること、BOOKレビューなどを紹介していこうと思います。ようやくできました…ダンコたる決意ってのが👍

今考えていること。

f:id:hanamaru00kun:20200727091815p:plain


人との距離について考えてみると、一般的な会社勤めであれば、とても密な人間関係の中で働かなければならないことが多いと思います。実際に私もそうでした。しかし、他者との密な人間関係で悩むことが多く、イライラしたり、傷つけたり傷つけられたり、理不尽な想いをするなど人間関係がとてもしんどく、エネルギーを消耗し、うつ状態になり、休職・転職を繰り返したのでした。

その過程で、病院を受診し、「○○障害」と診断され、落ち込み、その障害の受容に時間を要し、受け入れ、また密な人間関係の中に戻っていき、またエネルギーを消耗しダウンというサイクル。

私の場合、他者との距離が近すぎると、過剰に意識したり、気を使ったりしてとても苦しくなります。相手にとても引っ張られるというか。相手のことを意識し過ぎてしまうのです。昔から他者と一緒に何かすることがとても苦手でした。看護師になってからもそうです。先生の処置の介助をするときも、先生と息を合わせなければスムーズにいかないのですが、その息を合わせることが苦手です。なんとなくギクシャクしてしまうのです。その反面、一人で何かを黙々とすることは好きだった。一人で段取りをつけて黙々と仕事をすると、スムーズに仕事をこなせるし、とても仕事がはかどります。

私はなぜ普通の人のように組織で働き続けることができないのか、やる気はあるのにダウンしてしまうのはなぜか、気合いの問題か、考え方がいけないのかなど、ずっと悩んできました。

今になって答えが出たように思うのです。どんなにあがいても、組織の中で働くことは私にとって困難なのだということ。受け入れざるを得ない事実なのだということ。

しかし、私も社会に役立つ存在でありたいと強く思っています。そうなるためには、このまま組織で働き続けていては、私の力を社会の役に立てることはできないのだと思ようになりました。会社勤めをすることが、多くの人の働き方だし、多くの人がそれは当たり前のことだと感じているとと思います。私もそうだった。しかし、私はそれができなかったのです。

今私ができること。しなければならないこと。それは、一人で何かをして社会貢献することだと思います。それしかないと思うのです。全く他者と関わらないというのではなく、自分と他者の距離を自分の無理のない距離とすること。私にとっては近すぎてはだめなのです。ある程度距離がなければならない。自分の距離で他者と関わり、社会の役に立っていきたいと思っています。

その方法を、今考えている最中です。