「うつ」と共に生きるナースマン💮はなまるの『健康で幸せに生きる方法🌈』心と身体の健康を一緒に保ちませんか☺✨

うつ(双極性障害2型)で苦しみ、精神科での勤務経験もある30代の男性看護師です。双極性障害の当事者団体でも活動しています。病気をしっかりコントロールして心も身体も健康に保ち、幸せになるためにはどう生きたら良いかを考え続けています。実際にやってみて効果があったこと、今考えていること、学んでいること、BOOKレビューなどを紹介していこうと思います♪

自分の長所を最大限生かした新しい生き方。

自分が苦しくならないような他者との距離を保ちつつ社会貢献していきたいと思っている。現在は組織で働いているので、非常に密なコミュニケーションが求められるし、他者との距離がとても近い状態である。しかし、今は組織で働くことはできているし、同僚と話をすることが楽しいと思うこともある。ただ、自分の心的エネルギーを非常に消耗しながら日々を送っていると感じる。短期的に組織で働くことはできても、長い目で見たら難しいかもしれない。

妻も組織で働いているが、会社内での人間関係で悩むことはないとはっきりと言った。すごいなと思ったが、妻は無理してそう言ったのではなく、心からそう感じているのだと思う。

私が組織で無理をしながら働くためには、無理をしないこと、薬を飲んで気分を安定させながら働くことが必要だ。しかし、それはなんだか寂しいことだと思う。そこまでして組織で働かないといけないのだろうか。転職を繰り返していたときは、私は組織で働いて、組織の中で出世できなければ自分の人生は終わりで家族も守れないと感じていた。しかし、今は違う。

私が今したいことは、組織の中で一つのコマとして働くことではなくなっている。

仮に他者と密なコミュニケーションをとらなければならない状況で苦しくなることが私の短所だとすれば、その短所は、私にとってはどうあがいてもクリアできる問題ではないのだ。それはもうどうにもならない。

そんなことで苦しむのは、もう時間の無駄だと思うし、エネルギーの無駄使いだとも思うようになった。私は自分の長所を伸ばしたい。自分の長所を最大限生かして社会の役に立ちたい。

家でひとりで黙々とできる仕事は何か。自分の経験から学んだことを苦しんだり迷ったりしている人の役に少しでも立てるにはどうしたら良いか。

現時点では、インターネットを使って情報発信をして社会と関わっていくこと、他者と関わっていくことが、その答えではないだろかと考えている。