「うつ」と共に生きるナースマン🌸はなまるの『健康で幸せに生きる方法🌈』心と身体の健康を一緒に保ちませんか☺✨

うつ(双極性障害2型)で苦しみ、精神科での勤務経験もある30代の男性看護師です。双極性障害の当事者団体でも活動しています。病気をしっかりコントロールして心も身体も健康に保ち、幸せになるためにはどう生きたら良いかを考え続けています。実際にやってみて効果があったこと、今考えていること、学んでいること、BOOKレビューなどを紹介していこうと思います。ようやくできました…ダンコたる決意ってのが👍

ネットの世界に生きる希望を。

f:id:hanamaru00kun:20200811192519p:plain


組織の中で他者と一緒に働くこと。多くの人がそうしていると思う。
そんな私も、何度も転職を繰り返したが、今でもなんとか会社勤めをしている。

しかし、多くの人がしているだろう「組織で働くということ」が、なんらかの理由できなくなった人、また、それが合わないが無理をしながら、時に体を壊しながら働いている人なども多くいると思う。私もそのひとりだ。

私は、ある病気となり、会社に少しだけ配慮をしてもらいながら一般の人と一緒に働いている。もちろん他の人と同じ仕事をしている。しかし、やはり無理はしている。

私が病気になったのは、生まれつき何らかの原因があったのかもしれない。

ただ、もうひとつ言えるのは、私自身が、組織の中で他者と一緒に働くことが合わない人間であるにも関わらず、無理をしてそれを続けようとしてきたことが原因のひとつであるということ。

そう考えるようになったのは、つい最近のこと。やはり、組織の中で働かなければ、表現は良くないかもしれないが、「社会からはみ出した者」「世の中に必要ない者」になるのではないかという考えを持っており、必死になって組織にしがみつこうとした。今も会社勤めをしているが、入職できた時は、またやっと組織の一員になれた、社会にしがみつくことができたとホッとしたのを覚えている。

しかし最近になって、組織で働くことしか人生には選択肢がないという考え方は間違っていると感じるようになった。

私が昔から一人で何かをすることが好きだったということを以前の記事に書いた。その一方で、他者と一緒に何かをしなければならないことには強くストレスを感じており、自分の長所が発揮できなかった。

一人で何かに集中し自分の長所を最大限発揮して仕事をすることと、他者と一緒に組織のコマとして我慢しながら仕事をするのではどちらが良いか。

私自身、残りの人生をどう歩みたいか。どのように生きたいのか。人生は長いようで短い。

やはり、自分の得意なことを存分に発揮していきいきと、自分の長所を最大限発揮して社会に貢献していきたいと思った。

そして、一人でできる仕事を考えてみると・・・。

私の場合、想像力が乏しいので、最近まで陶芸家くらいしか浮かんで来なかった(笑)

しかし、今の世の中には、ありがたいことにインターネットを使った仕事がたくさんある。インターネットで他者とつながることができる。インターネットを使って社会に貢献でき、人の役に立てる。

ネットの世界に私は生きる希望を見出したように今は感じている。

私がどんな生き方の選択をしたとしても、社会の役に立ちたいという想いに変わりはない。