「うつ」と共に生きるナースマン🌸はなまるの『健康で幸せに生きる方法🌈』心と身体の健康を一緒に保ちませんか☺✨

うつ(双極性障害2型)で苦しみ、精神科での勤務経験もある30代の男性看護師です。双極性障害の当事者団体でも活動しています。病気をしっかりコントロールして心も身体も健康に保ち、幸せになるためにはどう生きたら良いかを考え続けています。実際にやってみて効果があったこと、今考えていること、学んでいること、BOOKレビューなどを紹介していこうと思います。ようやくできました…ダンコたる決意ってのが👍

未来をひらくブログの力。

f:id:hanamaru00kun:20200719170932p:plain


今、近くの公園で「ウォーキングスタディ」してきました。歩きながらこんなことを考えていました。

このブログで記事を書きながら、そして書いた後にそれをもう一度読み直しながら、今までのぼんやりとした自分像が徐々にはっきりとしてきたことを。

自分が過去に苦しんできたこと、他の人とは少し違う生き方をしてきたこと、薬を飲んでいるが少し理解しにくい病気であるため他者に説明が難しかったこと。なかなか他者に口で話をしても理解してもらえないと感じることや、一生懸命話しているのに自分が本当に話したいことがまとまらず不完全燃焼となることが度々あったように思います。

やはり、家族に自分のことを理解してもらうことがとても難しかった。なぜ他の人のように普通に仕事をすることができないのか。普通に仕事をすることができない夫はどうかしている。自分の病気がどんなものなのか理解できないし、薬がなぜ必要なのかも理解してもらえない状況。

数年前の私は自分でも自分のことが分からない、また、自分のことが分からないのだから、他者に説明のしようがないことが非常につらかった。

 

しかし、今年に入り、このブログを始め、自分の言いたいこと、考えていることを文章にすることで、少しずつ自分が固まってきたというか、少しずつ自分自身を確立しつつあるように感じるようになったのです。

妻、両親にも親友にもこのブログを読んでもらっています。

そして、自分の想いを文章で伝えることで、私という人間を少しずつ理解してもらえるようになったのです。そして、私自身が私という人間を理解できるようになったと思うのです。

自分で自分を理解できないと、他者にも自分を理解してもらえないと感じています。

しかし、自分自身を本当に理解することは、とても難しいことだけれども、精一杯自分と向き合うことで、未来はひらけてくるように思います。