「うつ」と共に生きるナースマン🌸はなまるの『健康で幸せに生きる方法🌈』心と身体の健康を一緒に保ちませんか☺✨

うつ(双極性障害2型)で苦しみ、精神科での勤務経験もある30代の男性看護師です。双極性障害の当事者団体でも活動しています。病気をしっかりコントロールして心も身体も健康に保ち、幸せになるためにはどう生きたら良いかを考え続けています。実際にやってみて効果があったこと、今考えていること、学んでいること、BOOKレビューなどを紹介していこうと思います。ようやくできました…ダンコたる決意ってのが👍

家族と過ごす時間を大切に。

f:id:hanamaru00kun:20200719165558p:plain

今の私は、家族との時間を大切にするようになりました。

妻は仕事で忙しく、帰ってくるのも遅いこともあり、時々少しイライラしていることがあります。以前の私は、そのイライラしている妻の姿を見て、私もイライラしてしまい、険悪な雰囲気になることもありました。

数年前の私は、なぜそんな妻の姿を許すことができなかったのでしょうか。引っ越しや転職などの環境の変化、仕事へのストレスなど様々な理由があったのだと思います。

今では、妻への思いやりの気持ちをもっと持ち、ねぎらいの言葉のひとつもかけてあげようなどと、昔の私では考えもしなかったことを考えるようになりました。少しだけ成長したのでしょうか。

妻も少し変わったように思います。トゲトゲしさがなくなり、丸みを帯びてきたというか、優しくなりました。私を受け入れてくれるようになったように思います。

と言いながらも、少し前、家族で山の中にドライブに行ったのですが、途中で子どもが吐いてしまいました。その時、妻からこう言われました。

妻「運転私が変わろうか?」

私は、まるで自分の運転のせいで、子どもが吐いたと言われたように感じ、

私「もういい。歩いて帰る」

と、車を降り歩いて帰ることにしました。

そして、グーグルマップで家までの距離を調べると、なんと32㎞!!

何度か、妻が車に乗ってと言ってきたのですが、頑固な私はそれを断り続けました。

歩いて帰りましたよ、結局。6時間。完全に軽躁ですよね。左膝を痛めてしまい、今整形に通っています。膝が腫れたため水を抜いてもらったら21mlでした(笑)

まだ時々ケンカをすることもあるのですが、お互い言葉は選ぶようになったし、以前のように数日も引っ張るようなことはなくなりました。

夫婦が本当の夫婦になっていくのには、それなりに時間もかかるのかなとも思います。ひとつの出来事にいちいちイライラしていると、心的エネルギーをとても消耗してしまいます。お互い完璧な人間ではないということを理解し、少しのことは許すことも大切なのでしょう。

ケンカばかりしていた夫婦もようやく少し夫婦らしくなってきたように思います。

そして、子どもたち。

子どもたちと過ごす時間をとても大切にするようになったと思います。以前の私は、家に帰っても仕事のことばかり考えてしまうような状態で、子どもと過ごす時間を大切にしてこなかったように思います。子どもは本当に可愛いのに、最優先は仕事という考え方でしたが、今では、子どもが最優先になりました。よく考えれば当たり前なんですよね。

家族との楽しい触れ合いの時間が、私の心を癒してくれる今日この頃です。