「うつ」と共に生きるナースマン💮はなまるの『健康で幸せに生きる方法🌈』心と身体の健康を一緒に保ちませんか☺✨

うつ(双極性障害2型)で苦しみ、精神科での勤務経験もある30代の男性看護師です。双極性障害の当事者団体でも活動しています。病気をしっかりコントロールして心も身体も健康に保ち、幸せになるためにはどう生きたら良いかを考え続けています。実際にやってみて効果があったこと、今考えていること、学んでいること、BOOKレビューなどを紹介していこうと思います♪

あるyoutuberとの出会い。

f:id:hanamaru00kun:20200718201947p:plain


今回は、私のあるユーチューバーとの出会いについて語りたいと思います。
私は何度も休職をしていたため、休職期間中はとても長い時間、家の中で過ごしていました。以前、「健康に関係ないようで関係ある話」というタイトルの記事の中で、休職期間中に、「男はつらいよ」という映画をよく観ていたとお話しました。その中で、車寅次郎演じる渥美清さんにとても励まされたことをお伝えしました。

休職期間中、「男はつらいよ」を観るのと同じくらい、YouTubeであるユーチューバーの動画をずっと見ていました。その人物は、私と同じ双極性障害を持っています。動画の中では、うつの辛さや不安、今の病気の状態の報告や変化、復職するか復職せずに障害年金を受給するかの葛藤などを赤裸々に語っています。そして、その動画をアップすることで、同じように病気に苦しむ人達へ病気に関する様々な知識を提供したり、生きる勇気や希望を与えたいと考えている人物なのです。マスクをしておられ、顔出しはされていません。

「うつ」や「双極性障害」に関する動画をYouTubeで検索していた時に、その人物を知り、その人物がアップしてきた動画を休職期間中に何度も何度も見ました。私がその人物に心を惹かれた理由は、かっこつけずに自然体で自分の感じていることを語っている姿に共感できたから。病気への不安やどうやって乗り越えていったらいいかを真剣に考えている姿を見て、病気で悩んでいるのは私だけでないと思えたからです。

同じ病気を持っている人が自分の近くにいるかどうかもその時は知らず、こんな状態に陥っているのは日本中探しても私だけだろうと思っていました。休職期間の日中は、妻は仕事へ行き、子どもは学校に行ってしまうので、家で一人っきりになり、世の中から取り残されたような感覚で、孤独と不安で押しつぶされそうになっていました。

孤独の中でそのユーチューバーを知り、仲間ができたと感じたのですが、よく考えると私はその人物を知っていても、その人物は私のことを知らない。私はその人物と無性に話がしたくなりました。

勇気はかなりいったのですが、思い切って書いてあったメールアドレスに連絡をしてみました。すると、「時間の合う時に話をしましょう」と返事を頂いたのです。そして、約束の時間となり、こちらから電話をすることに。めちゃくちゃ緊張しました。その人物は一般人なのですが、私にとっては芸能人くらいの感覚なのです(笑)

1時間程度話をしました。とても有意義な時間でした。自分の不安や考えていることなども話せたし、そのユーチューバーの想いも聞けました。話ができて本当に嬉しかった。住んでいる場所は離れていますが、仲間ができた、私は一人じゃなかったと感じました。実際に連絡をしてみるという思い切った行動をとって良かったと思います。

「あるYouTuber」の「うつ男さん」、その節はありがとうございました!!
心から感謝しています(^^)/