「うつ」と共に生きるナースマン💮はなまるの『健康で幸せに生きる方法🌈』心と身体の健康を一緒に保ちませんか☺✨

うつ(双極性障害2型)で苦しみ、精神科での勤務経験もある30代の男性看護師です。双極性障害の当事者団体でも活動しています。病気をしっかりコントロールして心も身体も健康に保ち、幸せになるためにはどう生きたら良いかを考え続けています。実際にやってみて効果があったこと、今考えていること、学んでいること、BOOKレビューなどを紹介していこうと思います♪

早めに治さないと悪化したり脳が元通りに戻らなくなる可能性がある、というお話。

f:id:hanamaru00kun:20200716204132p:plain


今日は、精神疾患をしっかりと早めに治すことがとても重要だということについて話をしたいと思います。少しシビアな話になります。

うつ状態に初めてなると、医師からしっかりと休むように言われます。私も医師から、しっかりと治し社会復帰するには、2ヶ月から3か月間休んだ方がいいと言われました。しかし、初めてうつで仕事を休んだ時に感じたのは、早く治して社会復帰したいという想いがとても強かったことです。まず自分が休んだ分、職場の同僚たちが穴埋めしなければならなくなってしまうという申し訳なさと罪悪感を強く感じました。また、家族は仕事や学校へ行っているのに、家の中で一人でいるという孤独感。窓の外を眺めると、みんな忙しそうに仕事をしている。一体自分は何をしているんだろうという焦りを強く感じました。

そのため、家の中にいても、家族が帰ってくるまでに、うつ状態によるとてつもない倦怠感の中で掃除や洗濯をしたり、下手をすると夕食の準備をしたりと無理に活動をしてしまったのです。医師は何も考えず休めと言うけれど、動いていないと居ても立っても居られない感覚になるのが普通なのかなと思います。

しかし、うつ病はじっくりと治す必要がある。無理をすると治りも悪いのです。以前、うつ状態は脳の骨折という記事を書きましたが、骨折しているのに無理をすると治りが悪いですよね。うつ病初心者はそれが理解できないのです。とにかく焦ってしまう。家族がいると尚更だと思います。

うつ病の再発率は60%と非常に高いもので、じっくりと治す必要があるのです。再発を繰り返すとさらに再発率が上がると言われています。タイトルの通り、早めにうつ状態を叩いておかないと、その後の人生に非常に大きなダメージを与えてしまうことになるのです。

「症状固定」という言葉があります。病気をする前の状態が100%だとすると、いくら治療しても100%まで戻らなくなってしまうということです。骨折をしても無理をし続けると、骨が元通りにくっつかないことがありますよね。脳みそも同じなのです。そのため、しっかりと治療して、できるだけ再発をしないように注意しながら生活をしなければならないのです。

私は双極性障害Ⅱ型という病気を抱えています。躁状態(ハイテンション)とうつ状態を繰り返す病気です。私の場合は、躁よりもうつ状態の期間が長く、数回うつで仕事を続けることができなくなった経験があります。ということは、私も繰り返したうつのエピソードがあるため、もう以前のような100%の脳みその状態に戻っていない可能性があるのです。常に薬を飲まないといけない病気なので、薬が効いて少しボーッとした感じもあるため、脳みそが100%に戻っていないのか、薬のせいなのかはよく分かりません。しかし、脳の感覚は元気な時とはやはり違います。

「症状固定」という言葉を知った時、私は恐怖に震えました。私の脳みそが元に戻らない可能性があるなんて、こんな怖いことはありません。しかし、怯え続けていても仕方がなく、現実を受け止めなければならないのです。

最近、良い話を聞きました。ハーバード大学医学部が発表したものですが、「運動すると、脳由来神経栄養因子(BDNF)という物質が脳の中でさかんに分泌される。BDNFが、脳の神経細胞ニューロン)や脳に栄養を送る血管が作られるのを促すことが明らかになった」という話。また、運動を継続すると、認知機能が強化されたり、記憶をつかさどる海馬という部位も大きくなるそうです。

 

以前は脳は加齢とともに衰えていくと考えられていました。しかし、現在は運動することで脳を強化できることが分かっているのです。脳を強化する運動は有酸素運動だけでなく、筋トレでも同じような効果を得ることができることも明らかになってきたそうです。


もしかすると私の脳はすでに「症状固定」の状態なのかもしれません。ですが、運動しまくって徹底的に脳を鍛え上げ、脳の神経細胞を分泌しまくってやろうと思っているところです。

ちなみに、私がしている運動は、1回1時間で5km歩く位のウォーキングを週2~3回と筋トレを組み合わせて行っています。そのため、脳だけでなく体も鍛えられ、私の大胸筋はなかなかのものになっています(笑)