「うつ」と共に生きるナースマン🌸はなまるの『健康で幸せに生きる方法🌈』心と身体の健康を一緒に保ちませんか☺✨

うつ(双極性障害2型)で苦しみ、精神科での勤務経験もある30代の男性看護師です。双極性障害の当事者団体でも活動しています。病気をしっかりコントロールして心も身体も健康に保ち、幸せになるためにはどう生きたら良いかを考え続けています。実際にやってみて効果があったこと、今考えていること、学んでいること、BOOKレビューなどを紹介していこうと思います。ようやくできました…ダンコたる決意ってのが👍

軽躁状態で飛ばし過ぎると大変なことになるよ、というお話。

f:id:hanamaru00kun:20200806194748p:plain


私の持病である双極性障害Ⅱ型では、Ⅰ型に比べて躁(ハイテンションで超元気な状態)が「軽躁」と言われることが多いです。基本的にはうつ状態が長く続くため、うつで苦しむことが多いのが特徴です。

私もやはりうつ期の方が長いです。軽躁状態うつ状態の波を抑えるために、気分安定薬として、ラミクタール(もともとは「てんかん」を抑える薬です。脳の過活動を抑える薬と考えて良いと思います)を内服し、自分でも気分を安定させるために日頃からエネルギーの使い方に注意しながら生活をしています。

私がうつ状態になる時は、無理をし過ぎて脳のエネルギーが切れてしまいうつ状態になることが多いです。一気にエネルギーを出し過ぎてはいけないのです。しかし、意に反して一気にエネルギーを出さざるを得ない時もあります。

例えば、仕事が忙しい日は普段より集中しなければならず、エネルギーを出さざるを得ない状況もあります。これは仕方のないことであり、自分ではコントロールできないことなので、あきらめなければなりません。

自分でコントロールしなければならないのが軽躁状態です。しかし、双極性障害Ⅱ型の「軽躁」の見極めは非常に難しいものです。なぜなら、本人は調子が良い状態だと勘違いしてしまうから。また軽躁状態では、他者に迷惑をかける程の問題行動はあまり起こりません。頭の回転がとても良くなっており、疲れにくい状態になっているため、仕事がバリバリできます。色々なアイデアも浮かんできて、休みの日も活動的になってしまうのです。そのため、職場の人は、「あいつやる気があるな。調子が良いな」と思ってしまい、上司はどんどん仕事を振ってくる場合もあります。

以前の私は軽躁の波にまんまと乗ってしまい、エネルギーを使い果たして、うつ状態に移行してしまうことが多かったのです。

だから軽躁は注意しなければならないのです。自分では気づきにくいから。もし身近な人に自分を客観的に見てもらえる環境であれば、軽躁だと気付いてもらえたら指摘してもらうことも有効だと思います。私の場合は、妻にチェックをしてもらっています。妻から「けそってない?」とか言われたら腹が立つこともあるのですが(笑)

そして、軽躁状態の時は色々な考えが浮かんでくるし、ストップがききにくい状態になっているので、何か重要なことを判断する場合、「その判断は本当に正しいのか?」と常に自問しなければなりません。例えば、退職や離婚を決断するであるとか、高額な商品を購入しようとするとかは本当に注意しなければなりません。軽躁状態の時に色々重要なことを判断すると後で取り返しのつかない問題が起こることはよくあることなのです。

また、軽躁状態の時は感情が高ぶってしまうこともあります。攻撃的になってしまうことがあるのです。運転中に追い越し車線を走る頻度が増えたり、職場の人や家族のちょっとした言動にイライラしてしまったりする時は注意しなければなりません。

双極性障害Ⅱ型の軽躁で注意しなければならないことのまとめです。

〇自分では気づかぬうちにエネルギーを使い過ぎてしまいやすいため、うつ状態に移行してしまう可能性があること。

〇軽躁状態の時に重要な判断をしようとすると、後で取り返しのつかない状況におちいってしまうことになりかねないこと。

〇感情が高まってしまい、他者とトラブルになってしまうことがあること。

うつ状態の時は、自分がうつだと気付きやすいのですが、軽躁状態の時の見極めは本当に難しいです。日頃から、今の自分は軽躁ではないかとチェックしながら生活をすることが、双極性障害Ⅱ型と付き合う重要なポイントだと言えるのです。