「うつ」と共に生きるナースマン🌸はなまるの『健康で幸せに生きる方法🌈』心と身体の健康を一緒に保ちませんか☺✨

うつ(双極性障害2型)で苦しみ、精神科での勤務経験もある30代の男性看護師です。双極性障害の当事者団体でも活動しています。病気をしっかりコントロールして心も身体も健康に保ち、幸せになるためにはどう生きたら良いかを考え続けています。実際にやってみて効果があったこと、今考えていること、学んでいること、BOOKレビューなどを紹介していこうと思います。ようやくできました…ダンコたる決意ってのが👍

「怒り」のコントロールがいかに大切か、というお話。

f:id:hanamaru00kun:20200824184424p:plain


みなさんは怒りが込み上げてくることはありますか?

正直、私は時々あります。怒るまではいかなくてもイライラしてしまうこともよくあります。

私の場合、怒りの感情が強くなった時や、イライラしてしまったりすると、とても脳が疲れます。怒りやイライラの感情はものすごく脳のエネルギーを消耗してしまうのだろうと思います。

私の経験上、疲れが溜まっていると、感情のコントロールが難しくなり不安定になりやすくなります。体調が良い時なら、こんなことでイライラしないはずなのに、感情のコントロールが難しく不安定な時は、ちょっとしたことで怒りの感情が抑えられなくなることがあります。

ちょっとしたことがきっかけで怒りの感情が高まってしまうと、溜まっていた疲れに怒りによる脳のエネルギーの消耗が加わり、過去にはそのままうつ傾向になってしまったこともあります。

病気を持たない普通の人でも気分の波はあると思いますが、私の持病である双極性障害は、気分の波が激しくなりやすいという特徴があるため、リーマスやラミクタールという薬を気分安定薬として内服します。

薬である程度、気分の波は落ち着くのですが、やはり、疲れやストレスが加わると、感情は不安定になりやすくなってしまいます。

私にとって、怒りという感情はとてもやっかいなものです。怒りという感情は私にとってはもう必要ないものだとさえ思います。

時に気分がハイな状態になることがあります。私の場合、もう気分が高まること自体を控えた方が良いと考えてはいるのですが、それが嬉しいとか楽しいとかのポジティブな感情でハイになるのならまだいいです。それでも多少は疲れますが、怒りの感情に比べればはるかにマシです。

うつにならないために、ちょっとしたことでイライラしないことが大切だと思っています。怒りの感情をコントロールするための方法として、「アンガーマネジメント」という言葉をよく聞くようになりました。この「アンガーマネジメント」については私は恥ずかしながら、まだ深く勉強したことがありません。これは私は避けて通れないことなので、今日、ネットで参考書を買おうと思っています。

「アンガーマネジメント」の具体的な内容はこれから学ぶこととしても、出来る出来ないは別として、今現在私が分かっていること。それは・・・。

〇できるだけ疲れを溜めないこと。

→仕事で連勤が続いたりして疲れが溜まるのは仕方がないとは思います。ですが、抜けるところはできるだけ抜くなどする。

〇あまり考え過ぎないこと。

→それができなから困ってるという話なのですが、出来ないにしてもこの言葉を常に心の片隅に置いておく。それだけでも違うと思います。

〇自分にとってストレスになりそうなことで、避けれる事は避ける。

→逃げてはいけない事は当然あると思いますが、避けても問題がない事であれば避けた方が良いと思います。例えば、面倒な人間関係などです。

〇お酒を控える。

→私は2年前にお酒を断ちました。以前お話したように、薬の血中濃度が不安定にならないことが一番の理由です。また、お酒を飲むと気分がハイになり、怒りの感情の抑えが効かなくなることを防ぐことも大きな理由の一つです。お酒でストレス発散される方もおられると思うので、上手くお酒と付き合うことが大切だと思います。

〇規則正しい生活をする。

→仕事柄、それが難しい場合もあるでしょうが、生活リズムを整えることで気分が安定することはもう良く知られた事実です。私も以前不規則な勤務をしていましたので、怒りの感情の抑えが効きにくいのは感じていました。

私自身、怒りの感情で失敗したことは、数多くあります。怒りの感情が抑えられないと他者を傷つけてしまう可能性があるということだけではなく、怒りの感情による脳のダメージは凄まじいものがあるので、そのままうつ状態になってしまう可能性があることをしっかりと認識しておかねばならないと思います。