「うつ」と共に生きるナースマン🌸はなまるの『健康で幸せに生きる方法🌈』心と身体の健康を一緒に保ちませんか☺✨

うつ(双極性障害2型)で苦しみ、精神科での勤務経験もある30代の男性看護師です。双極性障害の当事者団体でも活動しています。病気をしっかりコントロールして心も身体も健康に保ち、幸せになるためにはどう生きたら良いかを考え続けています。実際にやってみて効果があったこと、今考えていること、学んでいること、BOOKレビューなどを紹介していこうと思います。ようやくできました…ダンコたる決意ってのが👍

思い出したくもない休職期間の思い出。

f:id:hanamaru00kun:20200826124824p:plain


今回は、私が休職期間どのように過ごしていたかについて語ってみようと思います。

私がうつ状態となり休職した期間で2~3か月に及んだ長いものが3回あり、1週間程度休んだことが2回あります


最初の長い休職期間は、私にとっては初めての経験だったため、本当に大きなショックを受けました。自分がこんな状況になるなんて夢にも思わなかった。主治医は、抗うつ薬を処方し、とにかく何もせず休むようにアドバイスされたように記憶しています。

当時の私は、仕事の鬼でしたので、みんな仕事しているのに休むなんてあり得ないと感じ、家にいてもとにかく何かをしていなければ落ち着かないような状態でした。

回らない頭、重たくなった体を無理やり動かそうと必死になっていました。

仕事していないし、他の人に差をつけれられたら嫌だからと、看護や医療の事を少しでも学ぼうと参考書を読もうとします。しかし、ほぼ頭に入ってこない。にも関わらず、看護師として成長しようと頑張ろうとしたのでした。

最初の休職期間は季節の中で最も好きな夏だったので、外に出て体を鍛えようとランニングしたりしていました。体は重たく、ボーッとしているのに無理やり体を動かそうとしていました。私の状況を知らない人がランニングしている私の姿を見れば、健康そのものだなと感じたことでしょう。

また、妻は日中仕事に行っていますので、少しでも家事をしようと、掃除や洗濯、夕飯の準備などを頑張りました。

そして、仕事の事をずっと考えていました。復職したら職場の人にどう話せば良いだろうか。復帰せずに退職して新しい職場でもう一度やり直すのならどの病院で働こうかと求人情報を見たりしていました。

今考えたら、うつの休職期間に何やってるのと言いたくなるような行動をとっていたのです。とにかく頭を休める暇がないくらい活動してしまっていました。

当時の私は、主治医から休めと言われても、今まで休むことをしてこなかったため、休む方法が分からなかったのだと思います。休む方法が分からないなんて、変ですよね(笑)

しかし、うつでの休職初心者は、こんなものなんじゃないかなとも思います。だって分からないから。うつになる程仕事を頑張ってきた人というのは、とにかく仕事熱心で業務に真面目に取り組んできた人が多いのだろうと思います。私もそのひとりです。

そんな仕事人間が突然仕事のことは忘れて休めと言われてもそんなことできる訳がないとも思うのです。

私も長い休職を3回しているので、少しずつ休職期間はどのように過ごせば良いのかが分かってきました。休職しないに越したことはないですが、休職期間の過ごし方も、経験値を積まないと自分のこととして本当に理解することは困難だと思います。

初回のうつの休職期間で再発しないようにしっかりと治療して、社会復帰し二度と再発しないことが大切なのは今では理解できています。再発を繰り返すと、再発リスクが高くなってしまうから。

私の場合は一回の休職だけで、自分が病気とどのように付き合って生きていけば良いか、今後何に気をつけながら仕事をしていけば良いかが分からなかった。数回の長期の休職期間、病気を理解するための学習過程の中で、徐々に自分がどう生きていけば良いかを理解できるようになったのだと思います。

しかし、うつの休職は初回でしっかり治し二度と再発させないのが重要なのは間違いないこと。

本当は、何も考えず何もしないことが理想。とにかくボーッと頭を休める。骨折した時にギブスして骨がくっつくのを待つのと一緒。うつは脳の骨折ですので骨折が治るまで頭を休めて治るのを待つのです。中途半端に治すと、骨が元通りにならずにずれた状態になってしまいますよね。脳も一緒です。

この記事を読んだ皆さんが、できるだけうつの休職を一度だけで済ませ二度と再発させないこと願いながら、この記事を書きました。

とは言え、経験しないと分からないことがあるのも事実なんだよなぁ。