「うつ」と共に生きるナースマン🌸はなまるの『健康で幸せに生きる方法🌈』心と身体の健康を一緒に保ちませんか🙂✨

うつ(双極性障害2型)で苦しみ、精神科での勤務経験もある30代の男性看護師です。双極性障害の当事者団体でも活動しています。病気をしっかりコントロールして心も身体も健康に保ち、幸せになるためにはどう生きたら良いかを考え続けています。実際にやってみて効果があったこと、今考えていること、学んでいること、BOOKレビューなどを紹介していこうと思います。ようやくできました…ダンコたる決意ってのが👍

頑張り過ぎて鬱になった経験は、必ず人生の糧となる。

f:id:hanamaru00kun:20201123184003p:plain


先日Twitterに下記の内容の投稿をした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

頑張り過ぎて鬱になる。
それは決して恥ずかしい事じゃないし負けじゃない。

回復して元気になったら、再び鬱にならないよう自分にあった頑張り方に変えて、
また前に進めばいい。

頑張り過ぎて鬱になった経験は、必ず人生の糧となる。

僕はそう信じている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このツイートは少し反響があったので、今回はその内容について少し語ってみたいと思う。

鬱になる原因は人それぞれ違うのかもしない。一人で抱える仕事が多過ぎて鬱になるケースもあるだろうし、人間関係の悩みで鬱になるケースもあるだろう。

私の場合は今までを振り返ってみると、仕事を頑張り過ぎてエネルギー切れとなり鬱になることを繰り返していた。

「頑張り過ぎて」というフレーズを少し考えてみる。今までの私は情熱を持って仕事をしていた。仕事を真面目にこなして、世の中の役に立ちたいと強く思っていた。しかし、それで体調を崩し上手くいかなかった。頑張っているのになぜ上手くいかないのか、自分は根性がないのか、精神力が足らないのかなど色々原因を考えたが、当時の私は根本的な原因がよく分からなかった。

ただこれだけは言えるのは、一生懸命仕事してきたこと。上司や職場の同僚にも信頼を得ていた。自分で言うのもなんだけど、それは間違いなかった。しかし、体調を崩してしまうと、今までのようなパワーあふれる仕事が出来なくなってくる。自分でも調子が悪いのを感じながら仕事を無理して続けるのだが、周囲の人も私の様子がおかしいのを感じ始める。そしてどんどん状況は悪化して、結局、仕事を休まなければならなくなる。

頑張って一生懸命仕事をしてきた自分は大いに認めてあげて良いと思う。それなりに学んだ事もあるし成長できた部分はある。ただ最終的に仕事を長期間休むようになってしまっては、職場の人に迷惑を掛けることになる。また、自分自身も鬱状態を過ごさなければならないので、とても苦しい想いをしなければならなくなる。

私の場合は、上記のような過程で鬱になっていく。

頑張って一生懸命やってきて鬱になって倒れた時は、本当に悔しい想いをした。周りの人に対して恥ずかしさを感じたり、自分は負け犬だと感じたりした。しかし、今になってみると、恥ずかしい事でもないし、絶対に負けでもない。なぜなら、一生懸命やってきて上手くいかなかったのだから。不真面目にやって上手くいかなかったのとは訳が違う。人間は失敗する。真面目にやって失敗した経験からは多くの事が学べると思う。

鬱になんかならない方が良いと思う。しかし、頑張り過ぎて鬱になったら、そういう状況にならないと感じれない事がある。そういう状況になった時には、根が真面目な人も多いだろうから、自分自身を徹底的に見つめ直そうとする。私はそうだった。自分は何が得意で何が不得意か。できる事と出来ない事。したい事としたくない事。自分は本当はどう生きたいのか。

元気にバリバリ仕事をしている時には、その組織の中でしか自分の将来を考えることが出来なかったが、その組織から離れて、自分自身という一人の人間がこれからどう生きていこうかというのを考える良い機会になるのではないかと思う。

頑張り過ぎて鬱になって倒れた時には、そんな事は考えることはできないだろうが、失敗経験の多い私は今になってそんな風に考えることができるようになった。

同じ職場で同じ事を繰り返してもダメだし、環境を変えて同じ事を繰り返してもダメなのだろうと思う。本当の意味で自分自身を良く知ること。自分に合った頑張り方ができる生き方を見つけて、少しずつ前に進む事で未来は開けるのではないかと思う。心から自分らしく生きれていると感じれる生き方ができるようになるのではないかと思う。

頑張り過ぎて鬱になった経験が必ず人生の糧になるというのは、間違いではない。私のように何度も失敗する必要はないと思うが、その後の人生に絶対に良い影響を与える経験になると私は信じている。