「うつ」と共に生きるナースマン🌸はなまるの『健康で幸せに生きる方法🌈』心と身体の健康を一緒に保ちませんか🙂✨

うつ(双極性障害2型)で苦しみ、精神科での勤務経験もある30代の男性看護師です。双極性障害の当事者団体でも活動しています。病気をしっかりコントロールして心も身体も健康に保ち、幸せになるためにはどう生きたら良いかを考え続けています。実際にやってみて効果があったこと、今考えていること、学んでいること、BOOKレビューなどを紹介していこうと思います。ようやくできました…ダンコたる決意ってのが👍

長期間仕事を続けるコツ、というお話。

f:id:hanamaru00kun:20201206141907p:plain

今日のテーマは「長期間仕事を続けるコツ」です。

とは言え、私も今の職場はまだ2年数か月なので、こんなことをテーマに語っても良いのかなと思うところはありますが、双極性障害の私が長く仕事を続けて行くために、工夫している事や考えている事をお話したいと思います。

まずは何と言っても、双極性障害という病気を受け入れることができているかどうかだと思います。病気を受け入れるということは、しっかりと病気と向き合うことができているか。しっかりと治療を受け、処方された薬を正しく内服すること。

そして、薬を飲むだけでなく、自身の体調管理をしっかりとすることが出来ているか。例えば夜遅くまで起きていて睡眠時間が短いなどの生活習慣の中で何か見直さないことがあるとして、それをしっかり修正しようとしているか。生活の中で自分でできる事をしっかりとしていないと、本当の意味で病気を受け入れているとは言えないと思います。

仕事の選び方は大切だと思います。自分がしたい仕事とできる仕事を考えなければなりません。私の場合で言うと、看護師なので夜勤をしなければならない職場が多いです。双極性障害の私が生活リズムの狂う夜勤をすることは良くないことは分かっていても、看護師なので夜勤しなければならないと思い、長く夜勤業務をしてきました。

うつになり体調を崩した原因が夜勤の伴う不規則な生活をしてきたからだけでなく、仕事への取り組み方も原因だったと思いますが、やはり夜勤は自分には出来ない事、うつにならないよう健康に生活するためにはしてはいけない事だと、今になって受け入れることができるようになりました。じゃあ自分にできる事、それは今私がしている日勤だけの看護師なのです。時に、夜間急変があった時などは職場に行かなければならない事もあるのですが、そのぐらいなら今は体調崩さずにやれています。

仕事上、不規則な生活にならないとしても、自分には耐えられないくらいの過度なストレスのかかる仕事はやっぱり避けた方が良いと思う。

次に、仕事の取組み方も大切です。過去の私は、日々全力投球を意識して仕事をしていました。結局、そういう仕事の仕方は長く続きませんでした。今の私が長く仕事を続けるために工夫している事は、よく「省エネで燃費良く」というフレーズを使いますが、日々60~70%くらいを出すイメージで仕事をしています。仕事の内容に応じて、適切なエネルギーの出し方をしていく感じです。70%の力でできる仕事に100%の力を使うのはもったいない。仕事に真面目に取り組むのは当たり前ですが、エネルギーの出し惜しみはした方が良いと思います。

忙しいなど仕方のない場合もあるのですが、私の場合100%の力を使うと体が疲れるだけでなく、睡眠時間を長く確保したとしても脳の活動が治まらず睡眠が浅くなり次の日以降にも影響が出てしまいます。

自分の仕事に集中するということも大切。周りの雑音も気になるかもしれませんが、とにかく、自分は自分、人は人と割り切ること。また、仕事にあまり感情を入れないこと。仕事は仕事と割り切ること。

自分の課題と他者の課題はしっかりと分けていくこと。こうすればいいのにと他者の仕事に介入してしまいたくなることが私もあるのですが、まずは自分の仕事に集中する。中途半端に他者に介入することは他者にとって迷惑となる場合もありますし、自分が本当はしなくても良いことにエネルギーを使うのは良くないと思います。

人間関係などの悩みとかは仕事にはつきものですが、深入りしない。自分とは合わない人がいてもイライラしない。仕事の中で感情的になって大切なエネルギーを無駄に使うのは損です。とにかくエネルギーをセーブすることを意識するのです。そして、できるだけ冷静に淡々と仕事をするのです。

始めに体調管理について触れましたが、出来る範囲でやっていく必要があると思います。生活リズムを整えること、睡眠時間をしっかりと確保することは気分のムラをなくすために本当に大切だと思います。

私の場合はほぼ毎日30分程度の朝散歩、ランニングや筋トレなどの定期的な運動、3年前から断酒をしています。

細かいところまで言えば、寝る前と寝起きにストレッチは欠かしません。それをするとしないでは、体の状態が全く違います。体のストレスがメンタルに大きく影響すると感じています。また、朝シャワーで体を温めて、副交感神経から交感神経に切り替え、しっかりと仕事モードに切り替えます。

朝ご飯はバナナ。体に良いだけでなく、セロトニン分泌効果もあるらしく朝バナナが良いと精神科医の樺沢紫苑先生もおっしゃっておられます。私はブラックコーヒーが好きで、コーヒーはリラックス効果も得ることができるのですが、飲む時間は14時までと決めています。それ以降に飲むとコーヒーが体の中に残った状態となり、寝入るのに時間がかかってしまい睡眠に影響が出てしまいます。
薬の影響で太りやすいので、主食をご飯ではなく豆腐にして体重コントロールをしています。

最後に色々と健康を保って仕事を続ける意識しながら生活していても、やはり人間なので調子の悪い日もあります。それは仕方のない事。そんな時でも仕事をしなければならない時もあるとは思いますが、本当にしんどい時は休んで良いと思う。また、今日休んでおかないと、体調がこれからもっと悪くなりそうだと思えば予防的に休む勇気も必要なのかなと思っています。

おわり