「うつ」と共に生きるナースマン🌸はなまるの『健康で幸せに生きる方法🌈』心と身体の健康を一緒に保ちませんか🙂✨

うつ(双極性障害2型)で苦しみ、精神科での勤務経験もある30代の男性看護師です。双極性障害の当事者団体でも活動しています。病気をしっかりコントロールして心も身体も健康に保ち、幸せになるためにはどう生きたら良いかを考え続けています。実際にやってみて効果があったこと、今考えていること、学んでいること、BOOKレビューなどを紹介していこうと思います。ようやくできました…ダンコたる決意ってのが👍

気分のムラでお悩みのあなたへ ~それ、躁うつの可能性もありますよ~

f:id:hanamaru00kun:20210105173321p:plain


先日、Twitterに下記の投稿をした。


双極を多くの人が知っていれば、うつばかりでなく軽躁も異常だと早く気付ける。すると双極の診断が早くつく可能性がある。

双極は診断されてからも受け入れに時間がかかる。

早い段階で双極の診断がついていれば、社会的なダメージを少なくて済ますことができるかもしれない。

双極を浸透させたい。


双極性障害(以下、「双極」)という診断がつくまで何年もかかることが多いそうだ。私も最初はうつ病の診断で抗うつ薬を処方され躁転した。

なんとなく、うつ病という名前はもうほとんどの人が知っている。病気の理解の程度は別にして病名は一度は聞いたことがあるだろうし、心を病む病気なのだろうというイメージは多くの人が持っていると思う。

しかし、双極はどうか?

その名前を聞くだけでは分からない人がほとんどだろう。

昔で言うところの「躁うつ病」であれば、名前を聞いたことがある人もいる程度だろうと思う。

私も双極との付き合いは長いが、病気になるまでは名前も聞いたことがなかった。

私は、双極について少しでも良いからできるだけ多くの人に知ってもらいたいと思っている。うつ病と同じくらいメジャーなものになって欲しい。

なぜか?

双極は、気分が高揚する躁状態と気分が沈むうつ状態を繰り返す病気だという程度でも知識があれば、早めに医師に躁のエピソードを伝えることができるかもしれないと考えるからだ。

双極当事者にとって、うつ状態はとても苦痛なもの。私も最初はうつの症状ばかりを医師に伝えていた。そして、うつ病の診断がつき、抗うつ薬の内服から開始となった。

双極の診断が早くつけば、その治療を早く始めることができる。しかし、実際には薬の調整に時間がかかったり、本人の病気の受け入れがなかなかできずに薬だけでのコントロールが出来ない場合もある。

診断がついてからも、双極を飼い慣らすことができる状態になるまでには、とても時間がかかるのだ。

失敗から学ぶことも多いのは事実だと思うが、双極の診断が早くつき早く治療を始めることができれば、社会的な後遺症(散財・人間関係の崩壊・信用の喪失etc)を少なくすることができるのではないかと思う。

双極がうつ病と同じくらいの認知度となれば、気分のムラで悩んでいる人が、私は双極の可能性もあるのかなと感じることができるかもしれない。また、家族など身近な人が双極かもと早めに気づいてくれるかもしれない。

気分のムラで悩む人全てに双極の診断はつかないだろうが、その知識が少しでもあるかないかで結果は全く違うと思う。

私は、双極による社会的な後遺症で苦しむ人を少しでも減らしたい。双極があっても幸せに生きることができると多くの方に感じて欲しいと思っているのだ。